繁殖するハクビシンには事前に手を打っておこう|害獣対策虎の巻

春から繁殖の季節です

ハクビシン

習性と生態

ハクビシンは額から鼻にかけて白いラインの入ったジャコウネコ科の動物です。餌は主に果物、野菜や虫など雑食性で人の出す生ごみなどを目当てに人家に侵入することがあります。運動能力が高いため、電線を綱渡りの要領で渡ることができ、家の周囲をフェンスでしっかり囲んでいても屋根裏に侵入されてしまうことがあります。主な被害は農作物や生ごみ、家庭菜園などですが、田舎よりも都会に順応している個体が多く、被害は都会でも増加傾向にあります。夜行性のため日が暮れてから動き出すため、電線の上に猫とは違う影を見かけたらハクビシンである可能性があります。ハクビシンは決まった縄張りを持たず、複数の巣を転々としていますが、一度ねぐらにされてしまうと糞やダニによる被害が後を絶ちません。そのためハクビシンを侵入させないよう対策をする必要があります。

おすすめの方法

ハクビシンの駆除には捕獲するか、侵入させないよう対策をするしかありません。有効な手段としては、フェンスを張る、侵入経路をふさぐといった方法がありますが、ハクビシンは運動能力が高くフェンスや壁、木などは飛び越えてしまうことがあります。そのためそれだけではあまり有効な対策とはいえないでしょう。おすすめの対策として、忌避剤を併用したやり方があります。ハクビシンはニンニクや石油系のニオイは避ける傾向があります。これを巣や侵入経路に振りまいて起き、自然と出ていくようにするのです。また害獣駆除用の燻煙剤やニオイによる害獣忌避剤も有効です。ハクビシンを捕獲するためには自治体への届け出が必要です。もし捕獲する必要がある場合には、一度自治体へ問い合わせの電話を忘れないようにしましょう。

おびき寄せて捕まえる

誘引剤が含まれている捕獲器によるハチの退治は、どこに巣があるか分からないという時に使用しましょう。巣の近くに設置してしまうと、香りでおびき出されたハチに刺されてしまう危険性があります。設置時間は朝方から昼間がおすすめです。

業者に依頼する

蜂の駆除を業者に依頼するときは、すぐに対応してくれるところを選びましょう。電話の対応が良いところは教育が行き届いていることが多く、作業の段取りもスムーズです。今後蜂の巣ができないように、アフターサービスがあるかも確認しておきましょう。

巣の付近に殺虫剤を噴霧

アシナガバチの毒はやや強いので、多くの人が被害防止のためにアシナガバチ駆除をしています。巣の付近で殺虫剤を噴霧すれば、全滅させることができます。しかも巣は発見しやすい場所に作られることが多く、その分早めの駆除が可能となっています。自治体で貸し出される延長ノズルを使用すれば、高所にも噴霧できます。